CHECK

土地売却で境界確定測量が必要になるケースとは?

土地売却で境界確定測量が必要になるケースとは?

土地を売却するときに、常に境界を測量で画定する必要があるわけではありません。
専門家に依頼することになり、費用もかなり高額になることもあるためです。
しかしなかには境界確定測量を経由しないことには安全に取引を完結できない場合もあります。
それは土地に何らかのトラブルが存在していたり、将来において紛議が顕在化する可能性が日的で着ないシチュエーションです。
具体的には隣人との間で土地境界を巡って争いになっているときが典型的です。
正しい境界線は当事者の話し合いでは解決困難で費用が多少嵩んでも境界を明示しておく必要があります。
現時点では争いにはなっていないものの、境界が不明瞭になっていたりするときも同様です。
地方では国が主催する国土調査が進捗していますが、都市部では権利関係が複雑でまだ手付かずになっていることもあるので要注意です。
土地の面積をもとに売買代金を算出する数量指示売買でも正確に免責を把握することが必要で、境界確定測量の出番といえます。

土地売却の境界確定測量費用はどれくらい?

土地売却において境界確定測量は必須ではありませんが、実施しておくことで適正価格で売れる可能性が高まります。
加えて、隣接する土地の所有者とのトラブルを避けられるというメリットもありますが、境界確定測量費用は現況測量と確定測量で大きく異なります。
前者に要する費用は、100坪以下で35~45万円程度が一般的ですが、現況測量は簡易的なものなので土地を売る際にはおすすめできません。
後者に要する費用は、隣接している土地の所有者によって変わります。
隣地の所有者が個人の場合、測量費用は100平米程度で30~50万円ほどかかるのが一般的です。
一方で、隣地の所有者が国や自治体だった場合、100平米程度で60~80万円ほどかかります。
単に費用が高いだけでなく、所有者が国や自治体の場合は査定日数も長くなるので注意が必要です。
また、隣地の所有者が個人であったとしても、測量には隣地所有者の立ち合いが必要なので、いずれにしてもスムーズに売却を進めるためには早めに依頼することが大切です。

土地,売却に関する情報サイト
土地売却の基礎知識

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てる人に注目が集まる土地の売却における基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しています。
相続などで不動産を引き継いだときなど、自分たちが住む家が別にあるので売りたいと考えるケースは多いといえます。
一般的に、処分するときには仲介を行っている不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、この媒介契約とは何を意味するものなのか、売るときに境界確定測量が必要になるケースには何があるのか、疑問を解決できるようになります。

Search