CHECK

土地の売却で不動産会社と締結する媒介契約とは?

土地の売却で不動産会社と締結する媒介契約とは?

自ら所有している土地を売却しようとする場合、知り合いなどに直接売るのでない限りは不動産会社に買い手を探してもらうこととなります。
その際、依頼先である会社との間に媒介契約というものを締結します。
媒介とは仲介とほぼ同じ意味で、土地の売り手と買い手との間を取り持ち、契約をまとめることをいいます。
不動産会社は、この契約に基づいて営業活動を行います。
媒介契約の種類には、買い手探しを複数社に依頼できる一般媒介と、1社のみに限定する専任媒介の2つがあります。
また、後者はさらに通常の専任媒介と専属専任媒介の2つに分かれます。
この両者の違いは、依頼は1社に限るが土地所有者が自力で買い手を探しても良いのが前者、買い手探しの一切を不動産会社経由に限定するのが後者ということになります。
まとめますと、一般→専任→専属専任の順に契約上の制限が強くなっていきます。
その一方で、依頼者に対する販売状況報告の頻度はこの逆の順番で多くなります。

土地の売却で失敗しない不動産会社の選び方

所有している土地の売却で、不動産会社を選ぶ時のチェックポイントの一つに情報力があります。
周辺エリアの情報は、売る側にとって大きな影響はありませんが、購入を検討している人にとって重要です。
公共交通機関の利便性、飲食店の充実など具体的な情報を買い手に伝えられるかどうかで、契約までの期間が大きく変化します。
情報の把握に関しては、全国に店舗を持つ大手ハウスメーカーよりも、地域に密着した中小企業の方が若干高めです。
土地の売却実績も、選び方の大事な要素に含まれます。
過去に何件も契約を成立している実績豊富な会社に依頼をすれば、状況に応じた適切なアドバイスが受けられるので安心です。
過去の経験から営業のコツも身に着けているので、効率良く買い手を見つけられます。
営業力という点においては、ネットワークの広さという強みを活かせる、大手ハウスメーカーの方が有利です。
それぞれに得手不得手があるので、希望する条件に当てはまる会社を選ぶ必要があります。

土地,売却に関する情報サイト
土地売却の基礎知識

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てる人に注目が集まる土地の売却における基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しています。
相続などで不動産を引き継いだときなど、自分たちが住む家が別にあるので売りたいと考えるケースは多いといえます。
一般的に、処分するときには仲介を行っている不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、この媒介契約とは何を意味するものなのか、売るときに境界確定測量が必要になるケースには何があるのか、疑問を解決できるようになります。

Search