CHECK

初めてでも失敗しない!土地の売却で押さえておきたい基礎知識を分かりやすく解説!

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てる人に注目が集まる土地の売却における基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しています。
相続などで不動産を引き継いだときなど、自分たちが住む家が別にあるので売りたいと考えるケースは多いといえます。
一般的に、処分するときには仲介を行っている不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、この媒介契約とは何を意味するものなのか、売るときに境界確定測量が必要になるケースには何があるのか、疑問を解決できるようになります。

初めてでも失敗しない!土地の売却で押さえておきたい基礎知識を分かりやすく解説!

古屋付きの土地の売却を行うとき、古屋を解体して更地にして売るのが良いのか、それともそのままの状態で売るのが良いのか悩む人は多いのではないでしょうか。
解体すると木造住宅は坪あたり木造なら3万~5万円が相場で、費用は売主側が負担することになります。
購入する側は工事費の負担がないメリットがありますが、売る側はその負担があるわけですから一般的には現状のまま、古屋付き土地で売るのが一般的です。
土地売却では、このような基礎知識も必要になることを覚えておきましょう。

土地の売却はどのような手順で行う?

土地をスムーズに売るためには、あらかじめ全体の手順を把握しておくことが大切です。
土地を売りたいと思ったら、まず不動産会社に査定を依頼します。
ここで重要なのは最初から1社に絞らずに、複数の不動産会社に査定を依頼することです。
査定結果は不動産会社ごとに異なるため、複数社の査定結果を比較した上で最終的に1社に絞りましょう。
不動産会社を決定したら媒介契約を結びます。
媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類の形態があるため、それぞれの特徴を把握した上で選択することが大切です。
媒介契約を締結すると、売却活動がスタートします。
このステップにおいて売主が行うことは特になく、見学希望者の対応も不動産会社の担当者が行ってくれるので売主が立ち合う必要は基本的にはありません。
そして、購入希望者が現れたら条件交渉を行った上で売買契約を締結します。
条件交渉では価格だけでなく、引き渡し日や残りの固定資産税の負担などについて話し合いが行われます。
売買契約は、売主・買主・双方の不動産会社の担当者が集まり、不動産会社が用意した売買契約書に署名・押印を行って完了です。
売買契約締結後は、契約で取り決めた日に手付金を除いた残りの代金を受領し、土地を引き渡します。
以上が大まかな売却手順となりますが、土地を売って利益が出た場合は翌年に確定申告を行いましょう。

売却したい土地の相場を調べる方法

親の遺産の土地を処分するために売却するなど、遺産相続の面で出てくることも多いようです。
そうした場合は、どのように土地をお金に変えたら良いのかなども心配になってきます。
そのために、土地の相場の調べ方を紹介しました。
まずいくつかに同時査定を依頼できるので、査定をしてもらうのが第一前提です。
後はネットを見て、自分の土地の相場を知っておくのが得策といえるでしょう。
例えばハウスメーカーが査定する場合もあれば、不動産屋にお願いする場合もあるはずです。
いくつか見せて、一番高く買い取ってくれるところに販売するというのが、一番損が無く売却が可能といえます。
相場の調べ方は色々ありますが、ネットが一番手っ取り早く情報も性格です。
少しでも知識を持って販売しないと、売り手側として損をしてしまうことも考えられます。
すぐに手放すことを考えていなければ、まず不動産屋さんに販売の手伝いをたのんで、相場よりも高めの値段で販売できたら手数料を払うのもおすすめです。

土地売却時の査定には簡易査定と訪問査定の2種類がある

土地を売却する際は初めに不動産会社に査定を依頼する必要がありますが、土地などの不動産の査定には簡易と訪問の2種類があります。
前者は、過去の取引を基に金額を算出する方法で、大まかな金額しか把握できませんが、手軽に依頼できるのがメリットです。
近年は、ネット上で土地の情報を入力するだけで依頼でき、結果も数時間から1日程度で得られるので、本格的に活動をスタートさせる前に相場を把握したいといったケースに適しています。
後者は、不動産会社の担当者が実際の土地を見て査定する方法です。
実物を見た上で金額を算出するので、実際の売却価格に近い査定額が得られるというメリットがあります。
一方で、不動産会社との打ち合わせを行うとともに、訪問日の調整が必要なので手間がかかります。
加えて、結果が出るまでに数日程度かかるので、最終的な不動産会社選定時に利用するのがおすすめです。
なお、不動産会社によっては訪問査定にしか対応していないところもあるので注意が必要です。

土地売却では一括査定サービスを上手く活用しよう!

土地を売却する際は、まず不動産会社に査定を依頼する必要がありますが、その結果は会社ごとに異なります。
そのため、少しでも有利に売るためには複数社に査定を依頼することが大切ですが、その際は一括査定サービスを上手く活用するのがおすすめです。
このサービスは、所在地や面積など売りたい土地の情報と氏名や電話番号などの売主自身の情報を1回入力するだけで、複数の不動産会社に査定を依頼できるインターネットサービスで、無料で利用することができます。
複数社に査定を依頼するとなると手間も時間もかかりますが、一括査定サービスを利用すれば数分程度で複数社に依頼することができるので、土地売却の際は積極的に活用することをおすすめします。
ただし、依頼できるのはサービスに登録している不動産会社のみなので、目当ての不動産会社がある方の場合は直接依頼すると良いでしょう。
また、このサービスを利用した場合、不動産会社から大量の勧誘の連絡が来る可能性があるので、この点は念頭に置いておく必要があります。

土地,売却に関する情報サイト
土地売却の基礎知識

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てる人に注目が集まる土地の売却における基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しています。
相続などで不動産を引き継いだときなど、自分たちが住む家が別にあるので売りたいと考えるケースは多いといえます。
一般的に、処分するときには仲介を行っている不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、この媒介契約とは何を意味するものなのか、売るときに境界確定測量が必要になるケースには何があるのか、疑問を解決できるようになります。

Search